自動車関連からアウトドア全般の時事ネタ、商品紹介を致します。

タイヤを購入する際に注意しておきたいこと

皆さん自分のタイヤって定期的に点検していますか?
自分は全く点検していない状態で、たま〜に見るくらいだったのですが、つい最近少し高速に乗る機会がありまして、路面が雨で濡れていたのもあってかものすごい滑る! 

すぐに次のインターで降りたので事故無く帰って来る事ができましたが、一歩間違えれば事故を起こしていたと考えるだけでもゾッとしました。

早急にタイヤを交換する為にネットで検索をかけて見たのですがオークションではあまり利用した事も無い事があってか不安が大きく、少しでもちゃんとした場所で購入したいという思いもあってか友人などに聞いた所安心して購入できる場所を見つけたので、購入から交換までの流れをレビュー記事にしてみたいと思います。

▪️タイヤを購入する際に注意して置きたい所


タイヤが交換時期になってじゃあ交換しようとなり注意するべき項目がいくつかあります。
皆さん知っている方もいると思いますが一応紹介させてください。

・タイヤの製造年数を確認する

値段を少しでも抑えたいという方はオークションや中古で購入する方が多いと思います。
自分もオークションだと4本の値段でとても安いタイヤをいくつか見つけましたが、値段が安くても劣化やヒビ割れしているタイヤを購入しても全く意味が無いですよね?


製造年月日はタイヤが製造された年月日がタイヤに打刻されていて、位置はタイヤの側面に記載されています。

自分のタイヤの画像になりますが、丸く囲われていて数字が0215と記載されているのですが、右から15年(2015年)2周目となっています。
タイヤの交換目安時期としては目安3年程で劣化やヒビ割れなどがでてきますので、交換時期的にもちょっと過ぎちゃってるくらいになります。

・タイヤのサイズを確認する

当たり前の事になりますがタイヤのサイズをきちんと調べて購入するようにしましょう。
また、前後でサイズを変えている場合などは前後で違うサイズのタイヤになりますので要注意です。

▪️お店で購入する方が何だかんだ楽かもしれない


持ち込みで安いタイヤを購入してお店に持ち込みで交換して貰えるのが一番ですが、最近では持ち込みでの作業をしてくれる場所も少なくなって来ています。

自分の所で購入して交換して貰える方が利益出るし当然ですよね泣

ただお店で購入してもらうメリットももちろん沢山のあります。

・1 購入してすぐ交換が可能

ディーラーなどで点検している中でタイヤの劣化などでオススメされた経験はありませんか?

自分もディーラーの整備士なので、頻繁にオススメする機会はありますが、タイヤの在庫がある場合はだいたいその場で交換というケースが多いです。


また在庫が無い場合でも午前中の場合だったらタイヤを業者の方に持ってきてもらうなどして午後には渡せるようにする事も可能ですし、早く交換をしたい!って場合はとても便利なのはお店で交換する事が一番かもせれませんね。


またガソリンスタンドなどでもよくタイヤの点検どうですか〜っていう場面をよく見かけますが、タイヤの保有数も格段に多いので、早めの対応をしてくれるお店も多いと思います。

ただ先程の説明でもありましが、保有数が多いと製造年月日が古いタイヤなどがある場合がありますので確認して置きましょう。

・2 安心の国産タイヤを扱っている

タイヤは基本的に国産ものを扱っています。主にYOKOHAMAやBSさんなどで安心でもありますし性能面でも、優秀なものばかりです。
今では燃費重視のエコタイヤやその車種にあったタイヤなど様々な種類が多く存在します。


お客でもアジアンタイヤは悪い噂しかきかない、すぐにタイヤが駄目になるなどよくききますがどうなんでしょうか?

そんな疑問もあったので今回はアジアンタイヤを購入してみました(金銭面的に安いやつの方が良かったなんて言えない・・・)

■まとめ

タイヤを購入する最にはサイズの確認と中古やオークションで購入する時には製造年月日を確認する事を忘れずにしましょう。
せっかく溝のあるタイヤを購入してもすぐに劣化やひび割れをしてしまっては勿体無いですし、劣化がバーストなどの走行中の事故に繋がる可能性だってあります。
次回はタイヤを購入するまでの流れの記事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =