自動車関連からアウトドア全般の時事ネタ、商品紹介を致します。

取得税が増税とともに廃止される? 新たにできる環境性能割とはいったい?

今の車を売って新しく車を購入する事を検討されている方など、車を所有している方であれば経験は必ずあるともいえる税金のお話をします。

最近では低燃費や環境に優しい車などハイブリッド車などが人気で税金も低燃費車などはエコカー減税の対象となり自動車取得税と自動車重量税などが減税されます。

そのエコカー減税が新しくできる制度によって適用されなくなってしまうことであまりエコカー減税の役割を失ってきています。

その新しい制度とはどのようなものなのでしょうか?
税金などの記事でセレナの費用など紹介もしています。

日産のミニバンで人気のセレナ 税金などの維持費はいくらかかるのか?

エコカー減税とは?


エコカー減税とは自動車取得税と自動車重量税が減税の対象となり、自動車取得税は自動車購入時に発生する地方税の事で50万以上の車両の購入から新車、中古車問わず税金がかかります。
税率は自家用車が購入した車両の3%、事業用、軽自動車が2%となります。

引用:ソニー損保
重量税は重量税は車両の重さ事に金額が変わります。
計算の仕方としては0.5トンごと4100円の税額が変わります。
重量税の支払いのタイミングは自動車税のように毎年くるものではなく新車購入から3年で一回目そこからは2年に一回、車検のタイミングで支払うことになります。
また新車登録から13年以上経過することで税額が上がり18年以上経過するとさらに税額の対象になり、セレナの場合は重量が1.6~1.7トンありますので、エコカー減税無しの場合は16400円となります。
また重量税の支払いが終わり次回の重量税の金額が知りたいという場合に、ディーラーや車検、整備をお願いしている店舗に問い合わせる事でも金額を知ることができますが、自動車重量税がいくらになるか、税額を照会できるサービスを国土交通省の公式ページで知る事ができます。
税額を知る場合は自分の車の車体番号と検査予定日を入力する事でわかります。
自分の車体番号は車のエンジンルーム内か運転席のドア横にコーションプレートというものに打刻されているのでそこから見るか、自分の車検証に記載されています。

取得税とは?


取得税とは自動車を購入する、又は譲り受けたさいなどに発生する税金で、取得価額の3%の税金を支払わなくてはいけません。
取得価格の3%の金額といわれると購入価格の3%を考えるのが普通ですが、「取得価額」とは車種や仕様などにより設定した「自動車取得税の課税標準基準額および税額一覧表」にある「基準額」から割り出します。この基準額は目安として、車両本体価格の90%程度の金額と考えていいらしいです。
また、車両に装着されているオプションパーツも取得価額の金額に含まれてしまうので、購入や譲り受けた後にオーディオ、ナビ、アルミホイールなどを後付する事で取得税を節税する事ができます。
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”一度付いているオプションパーツを取外して再度取り付けるのも手間ですが、自分でやるのであれば十分に節約になると思います。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

取得税が廃止され、環境性能割が採用


取得税は今後の消費税が10%に増税されるタイミングで廃止されます。
内容としては同様に売買などで取得した所有者に課せられる税金になります。

環境性能割とは?

環境性能割とは、燃費基準達成度に応じて非課税、1%、2%、3%の4段階に分けられます。
また、新車、中古車など年式によって計算の方法が変わるなどの厄介な内容になっているみたいです。
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”ちなみにエコカー減税はこの取得税廃止によって環境性能割には適応されないみたいです・・・” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

環境性能割の税率は?


電気自動車など燃料電池、天然ガス、プラグインハイブリッド、クリーンディーゼル車は非課税
ガソリン車、LPG車(ハイブリッドカーを含む) 平成32年度燃費基準+10%達 1% 2020年9月30日までは 非課税
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”平成32年度燃費基準達成 2%2020年9月30日までは 1%になります。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]
税率の計算例
課税標準基準額× 残価率= 取得価額(1,000円未満切捨て)
取得価額× 環境性能割の税率(非課税、1%、2%、3%)= 環境性能割の税額
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”今回も計算の仕方がややこしいので詳しくは総務省などで紹介していますのでよかったら調べてみてください。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

まとめ

新しい税金ができたり今まであった自動車税が安くなったりとか嬉しいのか実は負担が大きくなっているのか自分で調べていかないと本当にわからない状態です・・・・・
ここ最近の投稿が税金関係になってしまって申し訳ないですが、内容はちゃんと説明できないと思いますがこんなのがあるのか~程度に見てもらえるだけで嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 1 =