電動パーキングブレーキのメリット、デメリットとは?

車を停車する時や坂道などで使用する事があるサイドブレーキが最近では電動パーキングに切り替わるなどと自動化されつつありますが、そんな電動パーキングブレーキのメリット、デメリットまた、最近多発している症状(電動パーキングブレーキが原因の可能性があるもの)まで、ざっくりとまとめてみました。

■電動パーキングブレーキとは


今までサイドブレーキやフットブレーキなどでワイヤーを使用して後輪のロックをする役目だったものが、電動になる事で指先一つでパーキングブレーキをかける事ができるようになりました。
また、走行時にサイドブレーキの調整は電動で行う為、ワイヤーの伸びなどを調整する手間が無くなるなど便利な機能だと思います。
では、そんな電動パーキングブレーキにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?
細かい操作方法などは日産の公式ページに記載されていますのでよかったら是非
日産公式

・メリット

電動パーキングブレーキに替わることによってどのようなメリットがあるのか、3つに分けれ紹介します。

1 電動になることによって、何より楽になった

一番がサイドを引くや下ろすという作業がなくなった事によって運転手の負担が少しだけなくなった事ではないでしょうか?

個人的にはサイドは引くもの、という考えが強くまだ電動パーキングブレーキには慣れないですが、慣れたら楽なのかもしれませんね。

2 坂道など発進時に活用できる

オートマでも坂道で発進する最に後ろに下がってしまうことがありますが、電動パーキングブレーキの場合には発進すると自動でパーキングブレーキが解除されスムーズに坂道を登ることが可能です。

3 スイッチ1つで操作ができるようになり車内スペースが広くなった

車内のスペースがサイドブレーキが無くなる(電動によりスイッチ操作になる)事で車内のスペースが広くなった事もメリットの1つではないでしょうか?
最近では運転席のスペースも広く作られていて、ゆったりと運転する事ができるのも魅力的だと思います。

・デメリット

メリットとは違い不便な点や整備関連でのデメリットなどを紹介します。

1 電動になり故障などで作動しなかった場合が大変

手動であれば故障などの原因は少ないですが、電動となるとバッテリー上がりや電動パーキングブレーキのどこかで故障があった場合が走行できないなどの可能性が考えられます。
また修理費用などはかなり大きい額の費用になる可能性が高いのも難点です。

新車で購入して、もしも故障してしまったら有料で修理になってしまうんですか?

ただ現状であれば故障しても年数がまだ経っていないため保証などで対応することができます。

保証期間が過ぎてしまったら不安ですね・・・

2 パーキングブレーキの引きずりによってタイヤの摩耗が早い?


これは最近多い症状で、電動パーキングブレーキが原因という訳ではないと思うのですが、2~3万キロでタイヤの溝が殆どなくなってしまうという症状が多発しています。
可能性としては電動パーキングブレーキが走行では気づかないレベルの引きずり状態のまま走っていて徐々に摩耗していってしまう・・・・  あくまで可能ではあるので同じような症状がある方などお話を是非聞いてみたいです。
参考画像として、以前自分のタイヤを交換する前の写真になるのですが摩耗状態的にはこんなかんじです。

■まとめ

メリットの方が多いですがデメリットでは何か故障があると最悪走行できなくなってしまうなどの難点も抱えているのではないかと思います。
ただうろ覚えですが、故障した場合の強制解除方法などもあったような気がします。
修理費用が高かい事や、タイヤが早く摩耗してしまう可能性がある事などがありますが、このさき続々と手動から電動に主要が変更されていくと思われます。

ざっくり紹介してしまったのでタイミングをみてもっと詳しく紹介できればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one − one =