煽り運転対策などにも活用できる 新型デイズにSOSコールが搭載? 

新型デイズが発売されて約一月程経ちますが、本来であればいち早くレビューなどを記事にしたかったのですが中々タイミングが無く試乗すらできていない状態です。 GW明けに試乗して早めに記事にできればと思っています。
では、その新型デイズに軽自動車で初?の機能が搭載されたのはご存知でしょうか?
今回はその機能の紹介をしていきたいと思います。

▪️新型デイズとは


日産が2019年3月後半に発売した軽自動車になり、それより前にはデイズ、デイズルークス、ルークスなどの人気車種を続々と発売していきました。


三菱のOEMという事で、以前はリコールや燃費問題などが多発して売れ行きは伸び悩みましたが、今回の新型の発売で、内装、外装、新機能の搭載などで、確実に売れ行きが伸びる商品と言っても過言は無いでしょう。


値段はメーカー希望小売価格で1、273、320円からとなっていて、オプションなどの機能ある無しで値段は変動しますが、100万ちょっとで購入する事ができます。

調べてみるとフルオプションで200万程になってしまうようで、軽自動車の中ではかなり高いかもしれませんね泣

また自動車税の引き下げによって、軽自動車はかなり安くなりますので、そこもまた乗り換えなどでデイズを購入するキッカケになるかもしれませんね。 自動車税などは別の記事で紹介していますので、参考までに見ていってください。
https://outdoor-life-f2l.com/2019/05/02/car-tax-reduction-but-others-tax-increase/
そんなデイズで今回一番注目して欲しいのがSOSコールが軽自動車初の搭載された事です。

▪️SOSコールとは


引用:日産公式ホームページ

このSOSコールとは緊急時(事故にあった、おこしてしまった時)などにコールスイッチを押す事でオペレーターに繋がり警察や救急車などに連絡をしてくれる優れもので、事故によってエアバックが作動して運転手の意識が無い時でもエアバックと連動でオペレーターに繋がるようになっていますので、救急車など必要な手配をしてくれるようになっています。


実際に体験する場面というのは、中々遭遇するものでは無いので、SOSスイッチを押してからの流れを参考画像で紹介します。

単独で事故を起こしてしまって本人の意識が無い場合など、とても便利な機能では無いかと思います。

引用:日産公式ページ

・煽り運転などにもSOSコールは活用できる


このSOSコールの良い所の二つ目が、最近ニュースなどで頻繁に目にする煽り運転による事故などですが、このスイッチは煽り運転を受けてる場合も活躍してくれます。


SOSコールと同時にGPSによって走行しているポイントを知ることができる為、悪質な運転などで被害を受けている場合は最寄りの警察が待機して、煽り運転している車両を捕まえる事が可能なのです。
運転中に煽り運転をされて、同乗者がいない場合などで警察に連絡する事はむず難しくそんな時でも便利な機能ではないかと思います。

他にもドライブレコーダーなどで煽り運転防止する為の商品は続々と発売されています。

▪️まとめ

実際にSOSスイッチを押す事はできませんが、購入してその機能がある無しで言えば断然あるに越した事は無いと思います。
その他の機能で軽自動車初のオートパイロットも搭載されましたので、他の普通車でオートパイロットが搭載されている車との比較などできればなと思っています。
今回もまとまりが無い記事になってしまいましたが読んで頂いて有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − three =