自動ブレーキ搭載車が減税対象になる? この先の事故の減少にも繋がるかも

今では自動車に様々な機能が追加されている中で、運転補助のアシスト機能が続々と開発から実用化されています。オートパイロットによる自動運転化、オートパーキングシステム、自動ブレーキ、他にもたくさんありますが、今回は自動ブレーキ搭載車は減税の対象になるとういう話があったので調べてみました。

自動ブレーキ減税とは?


自動ブレーキなどの運転支援機能付き自動車を対象に自動車関連税を減税する特例処置を導入する方向で検討に入っているらしく、具体的な減税の金額や減税対象になる内容などは現時点ではまだ決まっていないみたいですね。
政府は2021年度の導入を目指し近く具体的な制度作りに入る方針らしく、高齢者に対する自動運転補助限定免許というものも考えているようで、高齢者が自動ブレーキ付きの車両を購入する場合に補助金などが支給される内容になっているらしいです。

自動ブレーキ減税の意味とは?

自動ブレーキ減税が採用されるとどうなるのか?
簡単な事なのかもしれませんが、当然運転補助機能付きの車に乗る人が増えます。増えることによって、追突事故などの事故の減少に繋がります。また政府からの補助金などがでるのであればお年寄りが購入する際の負担も減るので、代替えなどの促進、自動車業界も車が売れる事で利益がでます。 
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”最近ではお年寄りの踏み間違えなどで事故などのニュースをよく見ますがこの案の採用で高齢者による事故も少なくなるのではないかと思います。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

事故の減少


  
出典元 平成27年における交通事故の発生状況 警察庁ホームページ
自動ブレーキによって、突然の危険回避や踏み間違えなどによる事故を未然に防ぐ事ができます。年々高齢者の運転での事故の件数は増えてしまっています。免許の更新をせずに返納する方もたくさんいますが、買い物に行くのに車での移動でないと近場のスーパーに行く事が難しい方たちがいるなかで、自動ブレーキによる安全性の向上と事故を未然に防止する事ができます。

古い車を乗る人が少なくなっていく

自動ブレーキ減税もそうですが、前回紹介した走行距離による課税も同様です。 前回の記事でも紹介した通り、新しい課税や、減税などで、古い車を所有している事が厳しくなっていくと思います。

走行距離によって自動車税があがる? この先ガソリン車がなくなってしまう恐れも

具体的な減税額


自動ブレーキ搭載車を購入する事でいくらくらいの減税になるのか? 現状具体的な値段は発表されていませんが、自動車の税金と同様に一律での金額ではなく、排気量を重量などから金額が異なるのではないかと思います。
詳しい情報が公開され次第更新できればと思います。

まとめ

今回の減税の内容は自動ブレーキ搭載車を所有している方にとっては良い内容だと思いますし、事故の減少などにつながるなど、個人的にも是非採用してほしいと思いました。自分の車は自動ブレーキなんてついていないので直接的に関係がある訳ではないのですが・・・・
勢いでまとめた内容になるので情報不足な所も多々ありますが、参考になって頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =