タイミングベルトの交換方法、費用はどれくらいかかるの? わからないので自分で交換してみました 2

前回の記事の続きになります。
内容としてはER34のタイミングベルトの交換になります。前の内容は貼って置きますのでよかったらみていってください。( ´ ▽ ` )ノ

タイミングベルトの交換方法、費用はどれくらいかかるの? わからないので自分で交換してみました。

■1 クランク角センサーの脱着


前回そのまま後は外すだけと説明していましたが、大事な部品を忘れていました。クランク角センサーは取り外し自体はとて簡単なのですが、角度の調整などをするのが面倒なので、外すボルト部分とクランク角センサー本体にペンでマーキングをした上で脱着しました。

■2 タイミングベルトカバーを外す

やっとタイミングベルトを見ることができます。 カバーを外すの自体は簡単で10mmのボルトが何個かついているだけですのでささっと外しちゃいましょう( ´ ▽ ` )ノ
外し終わって自分の車のタイミングベルトと初の御対面です。

[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”なんか特に弄っていなくてもこう見るとかっこよく感じる・・・” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]
ベルトの劣化具合はどれくらいなのでしょうか?年数も関係しているかもしれませんが、距離約11万キロのタイミングベルトがこんな感じでした。

細かいヒビ割れが全体にでていて結構驚きました。 個人的にはそうでもなかったのですが、先輩が「こんなヒビ割れしてるの初めて見たかも・・・」と言っていて今回交換をして良かったと思いました。

■3 プーリー類の脱着

ベルトの張力を調整しているプーリー類の脱着を行います。外すのはとても簡単なのですがタイミングベルトも面倒臭いところは合いマークが数箇所に打刻されていて、その位置とタイミングベルトをピッタリに合わせなければいけないこと、ずれるとコマ飛びと言って異音やエンジン不調、ベルトの再度脱着して取り付け直しなどという厄介なものですので、自分は一発で決める為に下準備を入念に行いました笑


[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”位置的にはこんな感じで大丈夫だと思います。新品のベルトと比べながら同じ位置につけ直すのでベルトの方向として矢印も書いて置きます。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

ベルトの外す準備ができてやっとプーリーが外す事ができます。ただこの準備をきちんとやらないと後々大変なので仕方ないです( ´ ▽ ` )ノ
プーリー部分のボルトを緩めてベルトにかかっていたテンションを戻します。

プーリーを外す時はテンションをかける側のプーリーにスプリングがあるのでそのスプリング位置だけ確認して外します。

■まとめ

クランク角センサーの脱着から、ベルトの外す前の下準備、脱着とプーリー類の脱着までの説明でした。プーリーはそこまで必要ではないかもしれませんが参考写真を撮っておくべきだったなと後悔しています笑
どのタイミングベルトもそうですがマーキングだけはしっかりして置きましょう。自分は三ヶ所でしたが、それこそ5箇所でも10箇所でもマーキングしておけば安心できると思います。
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”マーキングしすぎて、どの場所かわからないって言うのは最悪ですけどね笑” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]
次の記事はタイミングベルトの続きで、同時に交換して置きたい予防整備部品になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =