スマートキーの水没って本当に危険なんです! 

今の時期はスマートキーが多くなって鍵を差し込んでエンジンをかける習慣がなくなってしまっています。
自分の車はもちろん古いクルマですので未だに鍵を差し込んでエンジンを始動しています\(^o^)/ 
スマートキーの電池が弱くなってしまい「エンジンがかかりづらい・・・」などという出来事は必ず一度はあると思います。電池が弱まってしまった時の交換の仕方やスマートキーの会社であった危険な出来事を踏まえて紹介致します。

■スマートキーの電池交換の仕方


電池交換自体はとても簡単で必要な工具はマイナスドライバーと精密ドライバーがあれば大体の車種のスマートキーの電池を交換することが可能です。
写真でご説明します。
1

[voice icon=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png” name=”F2L” type=”l “]今回は日産の鍵を参考写真にさせていただきます。[/voice]
2

[voice icon=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png” name=”F2L” type=”l “]鍵を取り外します。[/voice]
3

4

[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”あとは電池サイズを確認して交換で終了になります\(^o^)/” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

■水没してしまったスマートキーに御注意!!


みなさん一度は無いですか?「あ・・洗濯で一緒に車の鍵を洗ってしまった\(^o^)/」自分はもちろんありますよ?運良くキーレスの作動も問題なく使用できたので大丈夫でしたが、運が悪かった場合どのような悪さをするのか紹介いたします。

■そもそもドアロックの施錠ができない

だいたいなってしまうのがスマートキー本体が使用できなくなってしまうことです。水没によるスマートキー内の基盤が駄目になってしまうのか電池を交換してもうんともすんとも言わない(泣)
この場合はディーラーなどでスマートキーを注文してキー登録の作業が必要になります。
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”登録はお店にもよりますが部品、工賃含めて一万円ほどだと思います。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

■キーが反応する時としない時がある

反応が前より悪くなった・・・とか、何回か押していると反応するなど水没によって反応が悪くなってしまいます。

■水没による、インキーが危険!!


水没してしまったけど反応が悪い時があるけど普段使用するのにそこまで苦労してないし、交換するの面倒だからいいやと思っているあなた・・・めっちゃ危険ですよ。
キーの反応が悪くなっているということは・・「勝手にキーが誤反応してしまう可能性がある」ということなんです。
反応が悪くなって電池交換したし大丈夫と安心してキーを車内に置いたままちょっと目を離したときにはインロック・・・ロードサービスのお世話にはなりたくないですよね(泣)

■水没によってキーが誤反応しているかの判断はどうすればいい?

あまり正確な判断基準ではなくなってしまいますが、ロック、アンロックをするときの反応にラグがある、反応がいい時と悪い時があるなどです。

■まとめ

今回はスマートキーの電池交換というよりは水没した際の危険性をメインにした記事になってしまいました。ただそういったお客様が来店されることも事実で出先やそれこそ夜間の山奥などでインキーをしてしまったなど考えただけでも恐ろしいトラブルだと思います。定期的に電池の交換、キーの水没には注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + seventeen =