夏の車中泊を快適に過ごす方法! 値段安価編

今回は値段をかけずに夏の車中泊での暑さ対策になります。
比較的安価で簡単に入手できるものなどで考えてみました(・∀・)

■道の駅や周りの車がいて車のエアコンを使用できないとき


私が夏場に車内泊をする時はウインドウネットを活用し、標高の高い場所に駐車するなどして何とか暑さを凌いでいました。標高が高ければ高いほど涼しい空気が車内に入ってきますし、当然ネットがあるため、蚊などの安眠を妨害する虫も入ってきません。ただ、平地で車中泊をした時はウインドウネットだけでは暑苦しくて眠れなかったです。と言うのも、窓から入ってくる風が生暖かいため、車内も同様に温かくなってしまい汗が噴き出してきます。アイドリング状態で眠れば何とか乗り切れるのかもしれませんが、長いアイドリングは騒音問題になりますし、常に排気ガスが出るので環境にも悪いです。周囲とトラブルになっても面倒なので、エンジンは必ず止めて寝るようにしています。
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”特にマフラーを社外のものに交換している人はアイドリングでもうるさいので厳しいんですよね(泣)自分のやつも社外なので純正に戻そうか真剣に悩んでます笑” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

■夏場の車中泊でエアコン、それ以外の電源を必要とする空調アイテムを使わずに涼しくなるには?


この時の経験を基に、平地で車中泊する時は何か体が良い具合に冷えるアイテムが必要不可欠だと感じました。そこで、シャツクールという服にひんやり感をもたらす商品を購入して使ってみました。

[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”衣服に吹きかけるだけの簡単なアイテムでメントールが体を冷やしてくれます。使用例は主に通勤通学となっていますが、アウトドア、レジャーなどでも十分にその効果を発揮してくれると思います。それ以外の似たような商品も多数でていて値段も比較的に安価、ドラッグストア、スーパーなど様々な店舗で販売しています。シーブリーズなども同じ効果をもつ商品があり、香りつきのものあり寝苦しい車内などで有効的ですね(・∀・)” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

熱中対策 シャツクール 冷感ストロング 大容量 280ML

新品価格
¥1,500から
(2018/8/18 00:54時点)

シーブリーズ デオ&ウォーター アイスタイプ フローズンミントの香り 160ml (医薬部外品)

新品価格
¥473から
(2018/8/18 00:54時点)


すると、体の大部分が強い爽快感に包まれて、気温は確かに高いはずなのにそれを感じさせません。次第に爽快感に慣れてくるのですが、ひんやり感は持続するのでまるでクーラーでも使用しているような感覚になりました。夏の夜はあまり風が吹かない傾向にありますが、それでも時折ふわっと風が車内に入り込んできます。その時の風とシャツクールの相乗効果で非常に心地良く、夏の平地でも快適な車中泊を実現できました。もちろんクール感は永久に続く訳ではありませんが、途中トイレなどで起きた時に再びスプレーするとクール感が得られます。強烈な熱帯夜であれば暑さで何回も起きてしまうかもしれませんが、頻繁にスプレーすれば乗り切れる可能性もあると思います。

■シャツクールなどのアイテムと併用して使うと効果的!

また、小型扇風機も車内泊において重要な役割を果たします。夏は晴天確率も高いですが降雨する時もあり、激しい雷雨になる場合も珍しくありません。降雨するとウインドウネットから雨が入り込んでくるので窓を閉めなければならず、そうなると数十分もすれば車内はジメジメとした空気になって、不快指数は急上昇します。そんな時に小型扇風機を使うと車内の空気を動かすことができるので、安眠できる環境が整います。小型ですから、もちろん大きな扇風機よりも風は弱いのですが、狭い車内で使う分には十分だと感じます。
https://outdoor-life-f2l.com/2018/08/17/convenience-item/
このように色々なアイテムを組み合わせることによって暑い車中泊を乗り切ることが可能になりますが、標高の高い場所で寝るようなプランニングができればベストだと思います。

■個人的に気になった商品

ひんやりシャツシャワー ストロングミント 本体 500ml

新品価格
¥1,980から
(2018/8/18 01:01時点)


[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”値段は2000円と少し高めですがパッケージの印象的に「めっちゃ冷えそう!」って思いました笑。機会があれば是非購入してみたいですね。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =