夏場の車中泊 あったら便利? 快適に過ごすためのアイテム紹介

夏場の車中泊のあったら便利だし快適にすごしやすくなる車中泊アイテムを紹介いたします。
ここ最近更新頻度が落ちてしまっていてすみません(泣)

■エアマット

車中泊をするときに特に気になるのは、車内は思った以上に凹凸があるということです。普段シートに座っているときは気になりませんが、いざ体を横にしてみると小さな突起物でさえ、背中に当たると眠れませんでした。そんなときに便利だったのは、エアマットです。床の凹凸が無くなり、適度なクッションがあるだけでも快適さが向上しました。ただし、エアマットが大型だったり、クッションが厚い製品を使用するときは付属のエアポンプではなかなかエアが一杯になりません。私はクルマのタイヤ用エアーコンプレッサーを持っていたので、先端のアタッチメントを交換してエアマットにも使用しています。
また、寝ているときに車内を覗かれたくないのでプライバシーを守るため、以前はロール式のカーテンを利用していました。しかし、カーテンでは窓の形のピッタリとはマッチせず、端の方に隙間ができていました。そこで色々と検索したところ、車種専用のマルチシェードという製品があることを知りました。マルチシェードは車種専用設計となっており、窓にピッタリ貼り付けることができます。外からの光を遮断して断熱性があるため、夏場だけでなく、冬場のスキー場でも大活躍でした。

■車内での小型扇風機

それ以外にも、スマホの充電や小型扇風機を利用するために、シガーソケットから電源を取れるUSBカーチャージャーを使用しています。車中泊が2人以上になることもあるため、USBの差し込み口は4~5箇所くらいあった方が便利です。また、シガーソケットがダッシュボードしかない車もありますから、USB充電ケーブルは少なくとも1mはあった方が良いでしょう。また、ノートパソコンなどを使用するためにAC100Vの電源を確保したいときは、DC12V→AC100Vインバーターが必要です。インバーターによって、普段から使用している家電製品が使用できるようになりますが、消費電力に注意して、容量に余裕がある製品を選定した方が良いと思います。私はインバーターの価格が比較的高価なので、低容量の製品を購入してしまいました。そのため、同時に2つ以上の家電製品を利用することができず、後悔しています(泣)

Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型 静音 USBケーブル1.5m ミニ扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 4枚羽根 USBファン – ブラック

新品価格
¥1,399から
(2018/8/17 20:56時点)

メルテック カーファン(車内扇風機) ホワイト DC12V クリップ式 首振り機能付 風量2段階 Meltec CF-105

新品価格
¥2,273から
(2018/8/17 20:56時点)

■夏場の車中泊ではクーラーボックスがお勧め

特に夏場は飲料水を保管するためのクーラーボックスは必需品です。飲料水の他に携帯用氷枕を入れておけば、緊急時や寝苦しいときにも重宝します。冷たさを持続させるため保冷材を多く入れたいところですが、保冷材の数が増えると肝心な飲料水を入れるスペースが少なくなります。水や麦茶などが入ったペットボトルを家庭の冷凍庫で凍らせてからクーラーボックスに入れておけば、保冷材の代わりにもなり、スペースも圧迫しませんでした。あらかじめいくつかのペットボトルを凍らせておくのがおすすめです。

Bonarca 車載用 冷蔵冷凍庫 15L -20℃~20℃まで温度設定可能 2WAY電源対応 車を守る低電圧自動OFF機能搭載

新品価格
¥19,800から
(2018/8/17 20:58時点)

Miletech トラベラー カップホルダー 車用 ドリンクホルダー 保冷 保温 DC12V ポータブル 小型 車載 シガー電源 ドライブ 車中泊 レジャー アウトドア 日本語説明書 保証書 (ブラック)

新品価格
¥3,980から
(2018/8/17 20:58時点)


[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”中にはドリンクホルダー型のものもあり一度に一本ですが一人でのドライブや遠出の際には重宝しそうですね。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 8 =