キャンプ初心者向け 持っておきたいキャンプ道具4選

キャンプを始めるために揃えておきたいお勧めアイテムがいくつかあります。実際行ってみると便利なものとあまり使わないものとハッキリと分かれるのもキャンプの面白さです。
今回はキャンプに必要、あると便利なアイテムを紹介いたします。あくまで初めての方向けの記事になります。

■1 キャンプマット

キャンプをする上で肝心なのがテントと思いがちですが、実はテントの寝心地が大事なのです。普段、テントの中にはマットを敷くことが多いのですが地面の種類により、固さで背中が痛くなったり冷えて寒かったりとサイトによって様々です。ある程度高価なマットであれば大丈夫ですが実際に使ってみないとクッション性は分からないという難点があります。そんな時は万能に使えるエアーベットをおすすめします。エアーベットは現地で膨らませて使うため、持っていく時は小さく畳むことができ、かさ張らない利点があります。そしてベットの厚みが安眠を約束してくれます。テントはレンタルでもいいですがマットだけは用意していくことをお勧めします。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート EVA フォーム マット シングル 56×182cm M-3318

新品価格
¥1,900から
(2018/6/22 00:14時点)


[voice icon=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png” name=”F2L” type=”l “]幅56×長さ182×厚さ2cmで、重さが約270gと軽量かつ折りたたむことで、収納もコンパクトにできる商品です。[/voice]

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット シルバーキャンピングマット 200×100cm M ブルー M-7123

新品価格
¥927から
(2018/6/22 00:17時点)


[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”値段は先ほどのものより安いが厚さが約8ミリなので個人的な感想では寝るとき腰を痛めるかも(´;ω;`)ただ冬場の使用時は保温効果を十分に発揮してくれる商品です。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

■2 アウトドアチェア

次にキャンプには欠かせないくつろぎタイムに使用する椅子です。キャンプ場の夜は長いので座る時間も多くなることを考え、座り心地を重視することが重要なのです。キャンプ用は持ち運びを考え折り畳み式が多いのですが金額が様々です。一度買ってしまえば長く使えるので、できれば材質と軽さにこだわったアウトドアチェアをお勧めします。椅子ひとつでくつろぎタイムがとても充実した時間に変わります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアチェア ジュール ラウンジチェア M-3846 ドリンクホルダー付き


[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”個人的な意見としてアウトドアチェア以外にもいえるのですが、長持ちすることはもちろん、収納性も重視して購入しましょう。車での移動だと荷物は多く運ぶことができますが、自転車や電車などでの移動だと持ち運べる量は限られるので(´;ω;`)” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

■3 ライト、ランタン

キャンプ場はライトが完備されてますが、いざトイレに行こうと思うと暗くて足元が見えないので危険で子供は特に怖がります。そんな時にはLEDライトを使用した分離できるランタンが便利です。ランタンにも充電できるものやラジオ付きなど様々な種類がありますが、分離できるものをお勧めします。寝るときにそれぞれの枕元に置いておけば夜中にトイレに行く際も安心です。
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”今のライトやランタンは長時間の使用や充電式のものも多く出ていますので、自分の好みにあったライト、ランタンを見つけましょう(‘ω’)ノ” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

■4 トーチ

そして調理道具では炭やバーナーに火を付けるときに便利なスライド式のガストーチです。ライターを使用している方も多いと思いますが、着火までに時間がかかり指が熱くなってしまいます。しかし、このトーチは柄の長さを自在に変えられるので火傷の心配もありません。しかも炎がターボ状で強力なのです。燃料も充填できるタイプもありますのでこちらもお勧めです。

Iwatani カセットガストーチバーナー CB-TC-OD 岩谷産業

新品価格
¥1,519から
(2018/6/22 00:30時点)


[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”個人的にはメタルマッチとかで火おこしをするほうがかっこよくて好きのなので、トーチはあまり使用しません(笑)” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 12 =