夏の登山 服装選び方(初めての方向け)

夏の登山の場合、冬の登山と比べると初心者でも気軽に挑戦しやすいイメージがあります。夏の山は気温も低く過ごしやいため、お散歩感覚で登山を楽しみたいと思う方は多いことでしょう。ですが、夏であれ登山をする時は環境に適した服装をする必要があります。思わぬアクシデントを避けるためにも、夏の登山ではどのような服装が良いのかしっかりチェックしておきましょう。

■登山服の選び方って?


まず初めに、登山での基本的な服装について紹介していきます。山は標高によって気温が大きく変わり、高くなればなるほど気温は低くなります。登山は低い所から高い所、高い所から低い所とアップダウンを繰り返しながら頂上まで登っていきます。そのため、気温が低いと感じたり高いと感じたり、場所によって変わるだけでなく、日が照っていたり曇っていたり、雨が降ったりと天候の変化でも体感温度は変わってきます。体感温度が変化しやすいのが登山ですので、半袖のTシャツ一枚だけや長袖の服一枚といった服装は、この気温の変化に対応することが難しいと言えます。そのため、登山の服装の基本はレイヤリングと呼ばれる重ね着が基本となるのです。

■1夏の登山服の選び方

では、夏の登山の場合どんなトップスが適しているのでしょうか。初心者にお勧めなのは半袖のアンダーウェアの上に長袖のシャツを着るという二枚重ねです。登山の基本のレイヤリングは、まずベースレイヤーを着て、その上にミッドウェア、そしてアウターを着るという三枚重ねですが、夏場の場合はアウターは必要ありません。アンダーウェアをベースレイヤーにして、長袖のシャツをミッドウェアとして着る服装です。ただし、雨が降っている場合は三枚重ねにします。アウターにレインウェアを着ることが基本です。長袖のシャツを着ていても寒いと感じる場合は薄手のフリースをザックの中に入れておくとよいですし、反対に長袖のシャツが暑いと感じる方は半袖シャツにしても大丈夫です。

■レイヤリングとは?


先程の説明からレイヤリングと言う単語がいくつが出てきましたがレイヤリングって何だ?ってなる人がいると思います。
もちろん私もその一人でした💦
1.アウターレイヤー

アウターレイヤーは外側からの風や雨などを防ぐためのもので、アウター、ミドル、ベースとある中の一番外側の層になります。
アウターレイヤーの役割には登山で汗をかいた時にウェア内の熱を外に逃がすための防水透湿性素材を使うものがあります。この素材を使用しているものがゴアテックスですね。
Mammut
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”上の写真のやつはゴアテックスではないです😱ゴアテックスは金額が比較的高めなのでよく考えて購入しましょう。” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

2.ミドルレイヤー

アウターの中に着る物で三層あるなかの二層目になります。ミドルの役割は雨風をアウターが守りミドルが身体の暖かさを保つ為の役割をしています。
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”今は軽く暖かいものがたくさんあります。自分のUNIQLOのライトダウンも軽く暖かい上にアウター、ミドルの両方を兼ね備えています。💁‍♂️” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

3.ベースレイヤー

最後がベースレイヤーで肌に触れる最後の層になります。
ヒートテックなど暖かく汗を逃がす透湿性を備えた商品がありますね。
UNIQLOだとセールなどで安く販売していることもあるのでお得に購入できる時にゲットしましょう。
[code_balloon position=”left” name=”F2L” text=”ヒートテックは夏になるとセールで安くなるのでオススメです!” img=”https://outdoor-life-f2l.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/Top_logo.png”]

次に、夏場の登山で履くパンツですが、動きやすさと丈夫さがポイントです。試着する際に、屈伸してみたりしゃがんでみたり、窮屈でないか動きやすいかどうかを確認しておきます。また、ひざ周りやお尻周りなど破れやすい部分の縫製がしっかりしているかもパンツ選びでは重要になってきます。そして、撥水性があるパンツの場合、小雨程度ならレインパンツを重ね履きする必要もなく登山を続行することもできます。

夏の登山で適しているトップスとパンツについて説明してきましたが、小物を揃えておくことも大切です。まず初めに、夏の登山では日よけの帽子がとても大切になってきます。山は標高が高い分、日差しや眩しさも街中よりも一層強くなりますので、熱中症を防ぐためにもツバが広いハットタイプの帽子がお勧めです。また、あご紐付きの帽子なら風が強い場所でも飛ばされる心配もなくなります。
次に大切な小物は、靴下です。登山靴に良いものを選ぶ方は多いかもしれませんが、靴下までこだわっている人はあまりいないかもしれません。登山用の靴下は厚手で衝撃を吸収しやすく、速乾性もあります。履き心地も普通の靴下より良いですので、登山をする時は登山用の靴下を購入しておきましょう。

このように、夏の登山ではトップスからパンツ、そして小物まで揃えておきたいアイテムが色々あります。夏だから大丈夫だろうと、半袖一枚や軽装で登山をしてしまうと予期せぬトラブルを引き起こす可能性があります。山は気温が大きく変化しやすいので、重ね着を基本として登山を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − fourteen =