自動車関連からアウトドア全般の時事ネタ、商品紹介を致します。

ガソリン車はいつまで乗れるのか?
ガソリン車と電気自動車を徹底比較!

電気自動車や自動運転技術を搭載したハイブリッド車が続出していくなかで、ガソリン車はいったいいつまで存在できるのか、自分の子供が大人になるころにはガソリン車はなくなってしまい、今でいうキャブ車やディストリビューターがついている「旧車」のような存在になってしまうのではないか・・・・などそんな疑問や不安を思う方は少なくはないと思います。
今回はガソリン車がいつまで乗ることができるのか、自分なりにまとめてみましたのでよかったら見て行ってください( ゚Д゚)

■ガソリン車とは


世界には多くの自動車メーカーがありますが、今の所最も生産されているのはガソリン車です。ガソリンをエネルギーとし、エンジンで駆動系を動かす仕組みです。

自動車技術の初期から使われていて、時代とともに性能も上昇していっています。

昔では燃料の量を調整や噴射時期を機械式に設定していたものが今では電制御にかわり、オートマチックトランスミッションからCVTにかわり、機械式から電子制御にかわることで、無駄や誤差がなくなり燃費の向上につながり、ATからCVTに切り替わることで発信時の加速がスムーズにおこなえるようになったりと常に進化しつづけている存在です。

■ガソリン車のメリット

メリットは世界中で使われている技術のため、トラブルなどに対応しやすいところでしょう。

日本で他国のガソリン車のトラブルがあったとしても、日本の技術者がそれなりに対応してくれます。

また、エネルギーであるガソリンを給油しやすい点も挙げられます。全国にガソリンスタンドがあり、給油さえすればすぐに自動車を走らせることが可能です。空に近い状態から満タンの状態にするのにもそれほど時間がかからないので、急いでいるときにも困りません。
電気自動車の場合は電気自動車を専門に整備することができる整備士が少なく、センサー関係が主に故障の原因などになるので、出先や近くにディーラーなどがない場合だと即座の対応ができない事もあります、充電スポットも今では全国展開されつつあり、コンビニ、大型ショッピングセンター、サービスエリアなどに設置されていますが、一度の充電に最低30分ほどはかかってしまうというデメリットもありますね。

■ガソリンのデメリット


デメリットとしては、排気ガスなどの問題があります。

二酸化炭素をはじめ、有害物質を排出しやすい構造になっています。一台当たりはそれほど多くなくても、世界中の自動車となるとかなりの排出があります。

その他、エンジン音が大きくなる点も問題です。トラックなど大型のものになるほど音が大きくなります。
ガソリン車に対して電気自動車が注目されていて、世界中のメーカーの中でも専門的に製造するメーカーなども出てきています。日本では日産自動車と三菱自動車が主に製造販売をしています、他のメーカーはハイブリッド車であったり、プラグインハイブリッド車などになり、電気で走れるものの完全に電気のみで走れるタイプの市販化には至っていません。三菱自動車は主に小型タイプのみの電気自動車を販売し、日産自動車は普通車タイプを販売しています。

電気自動車のメリットは燃費が良くなる点が挙げられます。ガソリンよりも安く長い距離を走ることができ、電気をエネルギーとしてモーターを駆動させて走る仕組みですから、エンジンのような大きな音が発生しないのもメリットです。低速走行だとほぼ無音に近い走行が可能になります。走行中は排気ガスなども出さないため、環境にも優しいです。

デメリットとしては充電時間や充電設備、バッテリーの量などがあります。ガソリン車に比べると、長距離走行に不安があるのも事実です。

■ガソリンの値段の高騰


ガソリン車では絶対に必須とも言えるものが
「ガソリンを入れないと走らない」ということで、とても簡単なことで誰もが知っている事がとても重要であり、この先深刻な問題に繋がっていくのではないかと思っています。

ここ最近のガソリンの値上がりが異常に感じるのは自分だけでしょうか・・
現在の平均小売価格が1リッター150円を超えたというニュースが2018、5月のニュースで発表されていましたね。この数字は三年五ヶ月ぶりの高騰らしく、原因は石油輸出機構(OPEC)がロシアなどの非加盟国と
「*原油の協調減産」を開始したためらしいです。

協調減産が起こるとどうなってしまうのか?
原油の需要の低下を防ぐために原油の輸出制限を行い原油の価格が高騰(今現在のガソリン価格が上がっている原因)することで、、このまま続くと、今の金額のままかそれ以上の価格上が考えられます。

■協調減産はいつまで続くのか?

*石油輸出機構が協調減産を7月から一部緩和することで原油価格のさらなる上昇することにより、消費者の石油離れを防ぐため制限していた生産量を増やすと発表しています。これによって上昇していた原油価格は少しづつ落ち着いていくのではないかと思います。

個人的に最近のガソリンの値上がりは感じませんがあまり安くはまだなっていないように感じます。

■石油が無くなることによってガソリン車が無くなる可能性も


先程の協調減産による原油価格の高騰よりも石油というもの自体が無くなってしまうという危険性も考えられます。可能性としてどのようなものがあるのでしょうか。

■ピークオイル

ピークオイル説というものがあり、採掘可能な原油量が2030年頃にピークになりその後は減少するという話です。(現在の原油価格の上昇もこの一因となっているらしいです)
石油が無くなってしまう可能性があるのか?
一つとしては「新しい石油を採掘できる場所が無くなってきている」
2つ目に「採掘に必要な費用が高すぎる」

採掘できる場所が少なくなっている中で新しい採掘場所を見つける事と、見つけた油田にある石油の埋蔵量が少ない場合などリスクが大きすぎるという事なんですかね ?

■石油が無くなるまでの期間を伸ばすことは可能?

石油が無くなるのを防ぐことはできそうにないのですが遅らせることは十分にできるらしく、その例をいくつか紹介致します。

■1 低燃費化のさらなる進化

今現在エコカー、低燃費などの車がどのメーカーの車種でも謳われている車産業ですが、車を購入するユーザーも第一に燃費を重視して購入を決断する事が多いと思います。
この低燃費化が原油の枯渇を遅らせる手段ではとても大事な部分になります。燃費の向上によりガソリンを給油する回数が減るので石油の消費の削減に繋がる訳ですね。

■2 電気自動車によるガソリン離れ

まだまだガソリン車が主流になるが電気自動車も続々と開発から販売されていくことでガソリン車よりも電気自動車にのるユーザーが増えれば単純的な発想になりますが、ガソリンの消費は大幅に削減できると思います。

■3 シェールガス

電気自動車と同様にガソリンを使用しない別の燃料を動力として使用している「天然ガス自動車」というものが出てきています。
主な仕様する車種では商用利用が主体になっていて家庭用のファミリカーには使用されてはいないみたいですね。

メリットではないですが、天然ガスを充填する場所がまだまだ少ないのが、現実的に車業界に浸透していくのか難しいところではないかと思います。

■整備士からみたガソリン車と電気自動車の比較

自分的に比較してみた内容になるのであくまで参考までに・・・・(‘ω’)ノ

■消耗品がガソリン車だと多い

これは仕方ないものではあるのですが、ガソリン車になると定期的なオイル交換エレメント交換、AT、CVTのオイル交換、MTの場合はクラッチディスクが減ってしまったときの交換、マニュアルのギアが破損したら修理というよりは交換のほうが安くつくし、ファンベルト、タイミングベルト、その他いくつもの消耗品が距離、年数により発生していきます。

■電気自動車の故障はすぐに診断できる内容ではないものが多い

ガソリン車ではすぐに診断ができ、修理が可能な内容でも電気自動車の場合はセンサー系統の診断で時間がかかってしまったり、そこの工場の診断機では診断できない可能性があるものもたくさんあると思います。ガソリンスタンドや、カー用品店と併設しているサービス工場ではみれないものが多い。

■ガソリン車の年式にもよるが製造廃止になっている部品がでてくる

今のガソリン車ではまずありえないですが、年式が古くなってくると、部品を購入する人もすくなくなり製造廃止になってしまうこともあります。

余談になりますが自分が以前に車検をやったS130Zはパワステオイルが高圧、低圧の配管、リンケージから漏れてしまっていて部品の問い合わせをしたところ全て製造廃止になっていました 。

<h2■>結論

今回ガソリン車がいつまで乗ることができるのかという内容で記事を書きましたが、ガソリン車はこの先何十年もすれば少なくなってきてしまうのは事実ではないかと思います。ただそれは今よりも古い車が無くなってきてしまうというだけで、需要や今の電気自動車とガソリン車の割合でいえばまだまだ先の話になると思います。
自分個人的にもガソリン車は大好きなので、無くならないでほしいですね(´;ω;`)

記事とは関係ないですがガソリン車、ディーゼル車などがなくなった場合整備士の仕事どうなっていくのか気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 4 =